ガラスペンMakuakeにて7月29日より先行販売開始


販売開始時間など詳細について、LINE・メール同時登録いただいた方優先にてお知らせします。

光を纏い姿を変える。魅惑のガラスペン誕生

mutunohana

ガラスペンむつのはな

ガラスペン六花・月朧

雪の結晶をイメージして、冬の季語である六花(むつのはな)と名付けました。

風情ある美しい季語と出会えた時、日本人で良かったと心から感じます。

tukioboro

ガラスペン月朧

ガラスペン六花・月朧

春のぼんやりとした夜に、空に霞んで見える月。

そんな風情をイメージして月朧を創りました。

ペン先には桜の花びらをあしらい、春のやわらかくも幻想的な雰囲気を表現しました。

 

ガラスペンで手紙を書こう、夢を描こう。

ガラスペンで手紙を書こう。
会いたくても会いにいけない今、大切なあの人にガラスペンで言葉を贈りたい。
そんな想いから六花と月朧は生まれました。

ガラスペンでお気に入りの手帳に夢を描こう。

ペンは剣よりも強し。

想いを込めて描いた夢は、きっと叶う。

ガラスペン六花・月朧

真っ白な手帳に目標や願い事を書くとき、鉛筆やボールペンでなくガラスペンで書くと背筋がシャンと伸びます。

気分に合わせてインクを選ぶ楽しみもあります。

ガラスペンが紙と触れ合う時のカリカリとした独特な音が、こころをリラックスさせてゆとりを生んでくれます。

ガラスペン六花・月朧

私にとってガラスペンで文字を書くことは心を穏やかにするための欠かせない大切な時間です。

流れるように過ぎていく忙しい毎日、ホッと一息つける時間を自分のために作ってみませんか?

 

ペン先まで熟練ガラス職人の手作り。

ガラスペン月朧
1本1本、職人が心を込め丁寧に仕上げた渾身の作品。
職人手作業で作ったペン先なので、インクの吸いが良く1度インクをつけるだけで多くの文字を書けます。
滑らかな書き心地は、機械製造のペン先にはない唯一無二の書き味です。
ガラスペン六花
六花のペン先には雪の結晶、月朧のペン先には桜を。
雪の結晶や桜を作るのはとても細かく繊細な作業で、熟練したガラス職人でも丸1日かかります。

世にも珍しいドライフラワー入りガラスペン


ガラスペンに適したドライフラワーを1本1本吟味。
ブリザーブド加工が施されており、劣化せず長く美しい状態でガラスペンをお楽しみいただけます。

  • 熱で変色しないか(ガラスペンを閉じる際、火を使用するため)
  • イメージと合っているか・・・etc

何種類もの試作を重ねて、六花・月朧に最適なドライフラワーを選び抜きました。

六花月朧ガラスペン
ドライフラワーの織りなす影は、同じものは2本とありません。
世界中探しても、たった一本だけ。

あなただけのシルエットです。

7月29日より数量限定で先行発売

予約登録いただいた方優先にてMakuake先行販売情報をお知らせします。


ペン先まで全てハンドメイド。数量限定。
お見逃し無いようメール・LINE同時登録がおすすめです。
販売開始時間をお知らせします。

© 2021 LeveColle東京ガラスペン